ノベリ隊表紙3

※敬称略
i477359 組織・不憫・ノート 【お題作成:夙多史】

茜奏
1.茜奏

(5分)
夙多史
2.夙多史 

(5分)
夙多史
3.夙多史 

(5分)

i477359 ネックレス・お店・笑顔 【お題作成:とりな】

平賀・仲田・香菜
1.平賀・仲田・香菜

(5分)
華音2
2.華音

(5分)
夙多史
3.夙多史 

(3分)
政宗あきら
4.政宗あきら

(5分)
茜奏
5.茜奏

(5分)
浅雪ささめ
6.浅雪ささめ

(3分)
とりな
7.とりな

(5分)


☆二次創作
★連載作(過去SSを読んでいるとより面白いもの。単発で読めるが世界観が同じなども含む)
自作の番外編など
コラボ(二次創作+連載作など)
※SSの型に指定はありません。自由に書いてください。
※感想は「面白い!」の一言でも大歓迎ですので、気軽に参加してくださいませ(≧▽≦)
※開始時間は17:00以降、参加者の人数を見つつ行いたいと思います。
※22時を超えそうな場合は、残りのSSは後日に持ち越します。
※なにか希望がある場合は、コメント欄に記入してください。

感想一覧

plus

組織・不憫・ノート 【お題作成:夙多史】

plusplusplus
 
茜奏
1.茜奏
華音
華音
令和二年九月五日。今私は、感想文をまとめる為このとんでもない野心作を読み返しています。結末を知っているため(いや、ある意味知っているのに)冒頭から既に笑いそうです。謝罪を要求します。
さて、感想書きます。
五月三日消臭力のところまで読んで、飲み掛けのヤクルトでむせました。謝罪を要求します。
今度こそ、感想書きます。
冒頭、ささめちゃんのほのぼのとした日記から始まる物語は、さっそくのお漏らし攻撃でクライマックスを予感させるも、思いの外今回は大人しい展開かな、と思っていました。
しかし、まさかのささめちゃん急変で流れが変わってからのオチ!これにはまいった。仕事中何気なく読んでしまったのが運のつき。盛大にふきだしました。つまり、謝罪を要求します。
まあ、真面目な話をすると、冒頭からでてくる人畜無害な奴が犯人とか、ある意味セオリー通りなのですが構成うめーな、という感じでした。
檸檬沢
檸檬沢
5月3日の生徒の書き込み大仰な割にやってることは小学生で笑いました
ノートの中で展開される話がいいですね、すごくいいです。なにがいいって、うまく言えませんがいいですね。
特にメロンの下りとか漫才を見てる感じで面白かったです。

謝罪会見は如何に…
夙多史
夙多史
2020年爆笑した小説部門第一位!(暫定)
もう感想これだけに全部詰まってる気がする。
風評被害の嵐で難事件が起きて、最後の最後でエセ華音さんにやられましたw
とりな
とりな
起こってることは無茶苦茶なはずなのに読後感がすごくほほえましくて、え、なんで……? てなってます。
平賀・仲田・香菜
平賀・仲田・香菜
ぼぼぼぼっちちゃうわ! くすん
いいですね、すごくいいです、すごく笑いました
ううむ、既存のネタの組み合わせ方が達者である
一回一回のネタにしか過ぎなかった事柄や作品をこういう形でまとめ上げるとはお見事でした
なんだか陣内智則の絵日記ネタを思い出したw
政宗あきら
政宗あきら
サイコパスささめちゃん最高www
各キャラの特徴を捉えたセリフがまたww
シンプルな構成、どストレートに笑わせられました。最後のオチが一番好きwww
茜奏
茜奏
はい。今回はもう、いちいち許可とるのめんどくさかったので、出してから謝罪すると言う形を取らせていただくことになりました。
ささめちゃんサイコパスネタは最初に思いついて、実は先生を誰にするかはかなり悩みましたww
個人的にノベリネタの集大成が作れて満足です。
 
夙多史
2.夙多史
茜奏
茜奏
ソラネットの世界観が、また一つ広がったw
あの不死身のサイボーグ作ったの、アンタだったのか!?
珍しく大成功じゃなイカ。
夙多史 設計はそっちの彼がやったみたいなので爆発はしなかったようです。
いや、それで異世界すら侵攻する組織ができちゃったんだから大成功なのかどうかw
榊凪
榊凪
ふむふむ、なるほど。こういうのもかけるのですね。幅広くかけるのはよきです!
d('∀'*)
夙多史 SSでコラボは初めてだったかと思います。
華音
華音
「告白された?」 という冒頭の一文で、物語に引きこまれていく上手さを感じました。
いつも通りのポンコツな部長。そんな彼女が告白されたなんて、という疑念からまったく信じていない主人公。でもやっぱり告白されたんでしょ? という勘繰りを裏切るサイボーグ展開にくすりとしました。いや、その仕事は請けちゃダメだと思うだ笑。情報のつなぎ方が上手いなと感心 & ちょっとだけ不穏は空気をにおわせた結末も良いですね。
気になったのは一点だけ。
後書きが結局どういうオチなのか少し悩んだのですが、人体模型君のパーツを使ってその男性を改造した、でいいのかな?
夙多史 後書きはその認識ですね。ハガレンネタを思いついて、本編には入らなかったのでおまけ程度にw
政宗あきら
政宗あきら
だんだん、部長が野球ゲームのパワプロに出てくるダイジョーブ博士に見えて来ましたw 『科学の発展にギセイはツキモノデース!!』
そして笑太君のモヤモヤ、苛立ち……青春ですねぇ(´∀`*)ウフフ
あとオマケがw これは雑コラが作られる予感……
夙多史 ダイジョーブ博士はわからないけど『犠牲』のお題で生まれたキャラなので合ってるかもです。
檸檬沢
檸檬沢
会話のリ
会話のリズムが気持ちよく読めました
藁井沢くんと部長さんも良いキャラしてますね…こういうの好き…
気になる終わり方ァ!
夙多史 不穏な空気が残りましたが、割と気に入っているキャラたちなので大ごとにはなってないかと思いますw
平賀・仲田・香菜
平賀・仲田・香菜
みんなで作るソラネットの輪!
クネクネしながらアホなことを語る部長がかわゆ、眼福眼福
世界観の外側の技術力とは面白い表現で好きです
会話の掛け合いのテンポの良さが羨ましいくらいですわー
夙多史 ソラネットがどんどん浸食していく!
とりな
とりな
科学部の様子が知れてよかったです。部長さん可愛いな~スカウトでそんなに気持ちがあがれるなんて。
読みやすくて楽しいお話でした!
夙多史 基本面白いことが好きな人達ですねw
科学部初登場は『影・犠牲・荒ぶる』のお題なので、よければどうぞw
夙多史
夙多史
ポンコツお姉さんとソラネットをコラボできるんじゃないだろうかと思って書きましたw
イカちゃんすみませんでした←
 
夙多史
3.夙多史
茜奏
茜奏
まさかの自分自身を主人公ww
夙さんがリアルシャロちゃんにwww難事件です。
なるほど、2作出したのはそういうことだったのか。
強いていえば、最後の一文は「今夜は寝られそうにありません……難事件です」とかの方がいいかも。
夙多史 その手があったか!
政宗あきら
政宗あきら
やばい、この話、好きwww
チャットのやり取りと言い、生々しい描写、それに証言の数々がフィクションとは思わせない臨場感を与えます。素晴らしい。ワンダフル。
ささめちゃんの写真が良い味出してるw
夙多史 だいたいノンフィクションですね。キャラ意外であえて変えてるとこと言えば正確には本棚じゃなくて本棚の上に積んでるダンボールだったことくらいです。
華音
華音
ちょっと驚きました。主人公こそデフォルメキャラですがまさかのノンフィクション。どうなんだコレは? という思いと、「そうかコイツら(ノベリ隊面子)案外普通に面白く会話してるのね」という思いと、約一名知識量がパネぇことから勝手に盛り上げてくれている様に感心しました。
やっぱりどうなんだコレは? という結論に至りつつも、第三者にはウケるのかな? なんて思いもあるとかないとか。
夙多史 完全に内輪ネタですね。第三者に向けたものじゃないのでウケなくてもそれはそれでw
檸檬沢
檸檬沢
リアルすぎる情景描写と写真、真夏にはピッタリの戦慄ホラーだと思いました()
あいつらってなんであんなに不愉快なフォルムしてるんですかね、カサカサカサカサ

下手なバトルものより手に汗を握る展開、ベッドをどけてシュレディンガーのGを確認したくなりましたカサカサ
夙多史 シュレディンガーGは確認したいけど怖いですねw
榊凪
榊凪
なるほど、こういうのもあるのね。視点の変更はなかなか興味をそそられた。
また、dmの、会話を使うとはまた……よきですd('∀'*)
夙多史 作品にもよりますが、チャットを使うとフィクションでも面白い感じにできますねw
とりな
とりな
この題材でこのお題に添えるんだ~すごいなあってなりました。
Gとの格闘ってなぜかめちゃくちゃおもしろいですよね。自分の過去の格闘を思い出しました。
おGさんは組織という主張になるほどとなりました。確かにあいつらは組織だ……。
夙多史 あんな小さな生き物のくせに寄ってきたらめっちゃ怖いんですよね。他の虫は比較的大丈夫なのに。
夙多史
夙多史
同じお題で2作目すみませんw
木曜日の難事件後、急遽思いついて、思いついたら書かざるを得ませんでした。
自分自身のキャラクター以外は全部ノンフィクションの内輪ネタですねw
plus

ネックレス・お店・笑顔 【お題作成:とりな】

plusplusplusplusplusplusplus
 
平賀・仲田・香菜
1.平賀・仲田・香菜
とりな
とりな
手紙というモチーフが効いた文体だったなと思います。
話の展開は可愛くてきゅんきゅんしました。こういう青春、してみたい……
政宗あきら
政宗あきら
書簡体小説!! 青春! ラブコメ!!
大仰で古めかしい物言いがとても良い味を出してますね。ただの手紙形式ならこうはならなかったと思うし、素晴らしいチョイス。そんな語り口の主人公女子にキュンキュンしますね……素敵!!
檸檬沢
檸檬沢
手紙を書く側の視点だけで相手がどんな手紙を送ってきているのか想像出来て楽しいのが上手いと思いました。
最後の通信がこれまた良い。。。キュンとさせられますね。
幸せにおなり
華音
華音
いやあ、これはやられたなあ、と思いました。そうかそうきたかあ(素)
手紙の文面だけで進行させていくという物語の構成。相手からの返信の内容が一切語られていないため、行間を予測させていくという手法。双方を上手く使うことによって、「まあ、そうなんだろう」と冒頭から予感させつつも、恋情を上手く隠し続けています。
こういった心情を上手に隠す手法は一人称の一般的文芸作品でも使えるものなので、是非みんな参考にして欲しい、というか私がします。
そんで予測を裏切らないハッピーエンド。しっかりオチまでだれることなく読みきることができましたお見事! 今回の一推し作品です。
夙多史
夙多史
交換ノート形式小説。片側視点だけでしたが、とても読みやすくて遣り取りがわかっていくたびにニヤニヤしましたw
>私も君が大好きだ。ずぅっと前から。
まあ知ってたけどハッキリ告げたのいいですわ。難事件ですわ。
茜奏
茜奏
手紙オンリーでやりとりされてるのがいいね。
あくまで心理描写は書かず、文字だけの世界。しかしそれでいて、最後は気持ちを伝えてハッピーエンド。ちゅきちゅき
平賀・仲田・香菜
平賀・仲田・香菜
わぁい一推し!
書簡体小説で、二つあるお題で文通させたら面白くね?
と思って書いてみたら、男パートが余りにも蛇足だったので封印しました
想像の余地があって成功したと自画自賛!
ありがとうございました!
 
華音
2.華音
夙多史
夙多史
なんとも切ない、それでいて夢を追いかける前向きさもある物語でした。
彼が病気に罹った難事件を乗り越えられなかったのは残念でしたが、最後の言葉を告げたところがぐっと来ますね。
夢コン応援してます! いいとこ行けそう!
茜奏
茜奏
おお、まさしく華音さん(華音味)と言わんばかりの華音節……作者を伏せられても「あ、華音さんだ」と分かっちゃうほどの華音さん作品。
と、いいつつなんですが、華音さんの作品って意外にも健康な子が多いので、病名が出てきたのはエッセイ以来かも。そう考えれば案外華音さん味でありながら新たな一手のように感じました。
華音 めちゃ病名でてる子一人いますよ。ネタバレになるので言えないですが。
とりな
とりな
話の内容は重めだけど最後さわやかな風が吹くなあと思いました。
長編で似合いそうな題材が短編になってる印象を受けました。物語が続いていく感じがあって、いいですね。
政宗あきら
政宗あきら
シンプルに切ない、でも希望のあるパンドラの匣を思い浮かべる物語でした。
病により道を断たれたアスリート、実際に有り得る話であり、彼の病状への描写が現実感を立たせている様に思えます。
一方、淡々とした印象と言いますか、人物の描写や省略された部分に少し物足りなさを感じましたが…恐らくコンテスト向け字数制限の影響…むむむ、これは難事件です
華音 仰る通りです。文字数が1599になっているので、描きたかった背景は全てカットしています。そこはちょっと悔しい。
檸檬沢
檸檬沢
切ないなぁ。。。
さながらバドミントンのスマッシュのように突き刺さってくる短編だと思いました。
奇跡は起こらずとも夢は叶うと信じたいです。
平賀・仲田・香菜
平賀・仲田・香菜
夢を引き継ぐ……私はそういう展開が大好物でしてね……大変素晴らしい!
身体も心も弱っていく彼の様子が切なし……
オチの文章が綺麗!
華音さんはバド好きなイメージ
華音
華音
AMG夢コン参加作品と三題噺を強引に絡めた第二段です。
文字数の規約が上限1600のため構成は兎に角シンプルに、そこに私が好きなバドミントンと時事絡みのネタで”夢”を表現してみました。
制約が多い関係上、どうしてもお題の入り方がシンプルになってしまいましたが、短い中で切なさや繋がる希望を表現出来たんじゃないかな、と思っています。
 
夙多史
3.夙多史
華音
華音
「お客さん体大きいですからねぇ」この段階でなんか違和感はあった。大きいって何? なんでそんな抽象的なの、と?  「これなんかいかがですか?」のあとで生首が出て来た時点でも、そういった性癖の店なのかなあ? という油断がまだあった。
ああ、なるほど”ネックレス”。確かに、という納得感が最後に残りました。短い中でしっかりオチをつけた良い作品だったと思います。
夙多史 そういった性癖の店w
なるほど、ネックレスをかけてるマネキンの首ごと持ってきちゃうポンコツさんですかね(その手があった!)
檸檬沢
檸檬沢
生首でギョッとして、最後のオチで声が漏れました。
これぞ叙述トリックって感じでうまかったです。
まさかネックレスをそういう形で捉えて使ってくるとは……またひとつ学ばせていただきました。
あか抜けたデュラちゃん可愛い。
夙多史 正しいスペルはnecklaceなので、勘のいい人は最初から違和感全力だったかと思います。
政宗あきら
政宗あきら
お見事!!!
お題回収かくありなんという、まさにお手本を教えて貰った気分です。そっか、こうやって書くんですね…いや出来るかはさて置いて。いや、好きだな~こういう話。短い中に爽やかささえ覚えました。素敵!!
夙多史 ネックレスをどう使うか悩んで、もう別の意味にしてトリックにしようと思いましたw
茜奏
茜奏
あー、あのですね……一言言いたい。

これ大好き。

そう、こういうの、こういうのを待ってた!
冒頭からそのまんまやないかいっ!ってツッコませておいて、裏切って行くスタイル。1本どころか5本は取られました。
夙多史 即興だった割に評価が高くて嬉しいですなw
割と騙されてくれるっぽいですね。
平賀・仲田・香菜
平賀・仲田・香菜
夙さんが英語を……?
やはりスペルミス? 俺でなきゃ見逃しちゃうねと思っていたら見事に伏線だったとは難事件です
突然の生首て! そりゃあ読んでるこっちはびっくりですわね!
通勤中に毎日すれ違う黄色い猫耳のヘルメットをかぶったバイクを思い出しました
夙多史 わ、私だって英語が文章になってなかったらできなくもなかったりしなかったりたぶんきっとできるんじゃないかなぁとおもったり思わなかったりでとりあえず伏線でしたw
毎日ストゥルルソンさんを見かけてるんですか!
とりな
とりな
発想の大勝利では???
生首が出てきた時点で導入を読み返してネック(首)レス(なし)ってなにか関係が? て思わせられるのが本当どきどきしました。
おもしろかった。この短い時間に二度見三度見してしまいました。ネックレスでこの発想が出てくることが本当すごい。かっこいいです。最初の一行でお題を全部回収するスピード感もよかったです。
夙多史 ありがとうございます! 片方はいつもの学園物、もう片方はなにか捻ったものを書きたいと思って生まれました。
夙多史
夙多史
スペルミスと思わせてミスじゃなかったというね。
普通にアクセサリーショップのスマイル店員だと面白くないなと思ってたらなんかこうなりました。
 
政宗あきら
4.政宗あきら
夙多史
夙多史
宇宙的ヨクワカラナイ技術で作られた銀河鉄道! 難事件ですね。
猫耳は立体映像だからだと思ったら異星人かw
猫耳異星人とか萌え要素しかないですな。
お婆ちゃんの知恵袋が地球の技術革新を……?
とりな
とりな
かわいいSFだなと思いました。おばあちゃんすごい!
こういう異世界的な世界の日常を垣間見れる感じ、素敵ですね。旅行だからちょっと日常からは外れるかもだけど、普通の生活って雰囲気で展開されるの、好きです。
平賀・仲田・香菜
平賀・仲田・香菜
宇宙SFなお話なのにどこか庶民的な世界観が好きw
専門的な用語が日常的に飛び交いながらも、日常的過ぎてシュールで好きw
おばあちゃんすごい
月が舞台なら猫耳よりも兎耳がいいと思います!(血涙
華音
華音
月面旅行が実現した世界。そこで主人公がどんな事を考えながら月を目指すのか。旅立ちの時の高揚感。電車の中でのやりとり。描写が丁寧に書かれているので、情景が目に浮かぶようでした。丁寧なのですがそれでいてしつこくなく、逐一入ってくる情報もするする頭に入ってきて小気味いい。筆力の高さに感心しきりでした。今度正宗さんに、長編文芸作品書いて欲しいです、なんて思う。
唯一勿体無いと感じた部分を上げるとするならば、プロローグに過ぎないように見えてしまうこと。まだ先が読みたいと思うぶん、オチとしては弱めに感じました。
茜奏
茜奏
相変わらず政宗さんは不思議系な描写をかくなあ
200歳!?……もしやそのおばあちゃん、ソラネットのサイボーグですな?
檸檬沢
檸檬沢
SF感を出しつつ、ほのぼのしているのがいいと思いました
どれだけ時代が進歩しても猫耳の良さだけは不変のまま!
政宗あきら
政宗あきら
今回はSFというか少し・不思議を目指してみました。。ちょっと自信がないSSでしたが、猫耳が大事なのだと理解できました!
でも兎耳も検討します(笑)
ありがとうございます!!
 
茜奏
5.茜奏
夙多史
夙多史
腹の口カラオケできるのかw
それはともかく、腹に怪物を抱えた少女の生態が描かれるとは難事件です。
いや実際難事件起こりまくってますけどもw
華音
華音
※感想がかかれました(赤文字)

この行為を目的とする男は非常に多く(まあ、そうよね。みんな欲に正直だものね)
断れば部屋から追い出されたり(酷い話よね。女を性欲のはけ口としてしか見ていないのかしら?)
中には強引に私の服を脱がせ(やめて! そんな酷い話聞きたくない!)
その結果腹の口がバレて食べざるを得なくなったこともある。(実話なんすよ! ギャアアアア)
下の口とデュエット(あら、器用ね? あなたイケる口だわ。口だけにウフフ)
こっちの口はあまり動かさないから苦手なんだけど……。 (実話なんすよ! 待って。何処からご飯食べるの? あ……察し)
「ーーいいですね。すごくいいです。何がいいかは上手く言えませんが、いいですね。とてもいいです。いやあ、いいですね」 (お前ちょっと屋上来い)
パワハラハゲ(酷い仇名ね。でも自業自得かしら)
「もっと、腹から声を出すんだ!」 (あっ……ヤバいワードでた)
「ごめんね店長さん。あなたには何の恨みもないけど、口封じしないと」 (実話なんすよ!)
腹の口は、静かに舌舐めずりをした。 (腹の口を腹から声を出せ、に繋げるクライマックスの演出。よいアイディアでした。オチもしっかりついてはっぴーえんど(原口さん的に)でも私、この町では暮らしたくないかも♪)
『匿名希望、18歳女子高生の感想』
檸檬沢
檸檬沢
初っ端から二人の人命が消え去るスピード感がいいですね、盗撮ダメゼッタイ
人間社会で知られないように隠して生きてるんだなって思うとなんだか少し切なくなりました

そして原口さんと腹口さんのデュエット聞いてみたい…
とりな
とりな
どことなく人外の哀愁を感じさせる作品だなと思いました。
でも最後はちゃんと人外っぽい〆方をしていて、人外はこうでなくっちゃなと思いました。
平賀・仲田・香菜
平賀・仲田・香菜
原口さん……一発キャラだと思ってたのにここまで掘り下げるとは
ほんのり切ない風の話なのにどこか抜けている原口さんを応援したくなるwもっと人間に順応せいよw

この行為は服を脱ぐ必要があり、それでは下の口がバレてとんでもないことになるのだ。
↑下の口が意味深である
茜奏
茜奏
今回のはなかなかに難産でした(笑)
途中まではコメディ路線でいくつもりでしたが、心理描写の多さからどうしてもテンポが悪くなってしまうことに気づき、ホラーに変更しました。
今回は原口さんを主役にし、「人間の姿をした化け物が人間社会に溶け込もうとするが、すぐにボロが出てしまい、最後は化け物らしく生きることを決める」という、俺の作品にしては珍しくテーマのある作品になりました。

あ、実は最初は下の口って書いてて、なんか卑猥に感じたので腹の口に直しました。もしかして治ってないとこあった!?やだえっち。
政宗あきら
政宗あきら
コメディテイストを排除した新境地!
思いの外ばっさばっさと人が死んでいくのがスピード感あっていい感じ。だから岸田さんを見逃した時、そしてもう会えなくなるシーンの悲哀へと繋がるのだと思います。凶悪で、けれどどこか切ない異人視点の物語と感じました。
一点、気になったのは彼女の立ち位置? 人を食べたくないのか、食べたいのか、その葛藤に苦しんでいるのか、その辺りが少しブレている様にも感じました。そこが作中で明示されていると、彼女の心情がよりハッキリ浮かび上がるのかな、という所感であります。
 
浅雪ささめ
6.浅雪ささめ
華音
華音
「ネックレスは首がないんですかね」あ……被ってるwむしろこの思考は普通なのかしら? 私、純真無垢だから気づかなかった!(はあと)
ホームレスからネックレスに繋げてそこから笑顔を作る話へと、展開がスムーズだったと思います。あと、お題の入れ方が凄く自然でいいですね。
オチは少々物足りない感も残りましたが、まあ、ほのぼのしてるからいいでしょう。よきよき。アオハルな感じがとても良かったです。
夙多史
夙多史
短いながらに一つの日常シーンを描かれていてよかったです。ネックレス=首なしが出た辺りでちょっと不穏な感じはしましたがw
necklaceとnecklessの違いですね。
政宗あきら
政宗あきら
ホームレスからネックレスへの飛躍がなんか好きw
一つの物語、というよりは1シーンを切り取った形のエピソードと感じました。
肘をついて笑顔をアピールするところ、何だかイメージが湧いてほっこりとした気持ちになります。こういう動作で心の声を現す繊細な描写、イイと思います(真顔
茜奏
茜奏
だめだ。なんかもう「いいですね」って見るだけで笑ってしまう自分がいる。ほっこりする会話劇ですねえ
平賀・仲田・香菜
平賀・仲田・香菜
いいですねってセリフがあるともう華音さんにしか見えなくなる呪いが酷い、謝罪を要求します
何気ない会話、何気ない日常ですがキャラの人となりが伝わってくるようでステキです!
誰のせいだよ!
とりな
とりな
日常のワンシーンって感じでなめやかな読み心地で良かったです。なんだ、笑えるんじゃないか!
 
とりな
7.とりな
華音
華音
いわゆる会話劇ですね。場所が居酒屋なんだろうなあ、というのが自然に分かる点はいいです。
主人公とマスターの掛け合いも時事を風刺した内容もありつつ、軽快でいいな、と思いました。
ただ、わかんないんですよね。主人公の性別が。色々考えました。主人公♂×♀。もしくは、主人公♀×♀。ん~どっちなんでしょう? なんかはっきりさせてくれないあたりにモヤモヤして、つまりそれは術中に嵌っているのかな、と。そんな気分でした。
それでも読後感はほっこりとしていました。どうかお幸せに。
夙多史
夙多史
タイトルの指輪の使い方とはなるほどw
時と場合でネックレスにするか指に嵌めるかわかれるんですかね。
もしかしてゆりゆりしてるのだろうかと勘ぐってみる。
檸檬沢
檸檬沢
指輪をネックレスにするはあるあるですねぇ、ただペアで別々にしてるってのは確かにあんまない気がします
酒の話とかその他諸々も雰囲気出てて良かったです。ストゼロは禿同
シメのハッピーエンドいいですね
平賀・仲田・香菜
平賀・仲田・香菜
お酒に浸りながら愚痴を呟く主人公の苛立ちと、なんだかんだ言いながらあの子が好きでたまらないんだなあという感情がひしひしと伝わります
あの子という言い方に引っかかり? を感じて登場人物の関係性と性別に想像が広がります
惚気てんなあ……
茜奏
茜奏
ワンシーン、ワンシチュエーションというやつでしょうか?
指輪をネックレスにするまつ、あるあるなの知らなかった。
性別はあえてぼかしたのでしょうか?
とりな
とりな
主人公の性別、冒頭で書いたつもりになってたんですが伝わってなかったようでうーん難しいですね。主人公の性別ってあえて書くの難しい。一応百合です。
政宗あきら
政宗あきら
上手いなぁ……という身も蓋もない一言。
語り部のセリフのみで構成されているのに、周囲とのやり取りや情景が不思議なくらい浮かび上がってくる。いやさ、非常に勉強になりました。
女の子がお酒でグダりながら意中の女の子の愚痴を言う。こういうシチュエーション、イイですね!! グダっているの中の可愛らいさ。なるほどこれが百合と言うものか……!
矢印ボタン上1